社会発展のシナリオの深掘り


 企業が継続して成長していくためには、それまでの事業を継続的に進化させることが求められます。しかし、企業にはこれまでと異なり「持続可能な社会の発展 “Sustainable Development”」への意識が求められています。
 すなわち、現在の企業には、独自の技術、製品を新規事業開発型シナリオにより進化させていく事業革新能力ではなく、持続可能な社会の発展を実現するシナリオ “Sustainable Development Scenario” (社会発展型シナリオ)の構想力が求められているのです。
 そこで以下では『社会変革構想モデル』を考えていくことにします。これからの企業はこのモデルに沿った社会発展シナリオに対する構想力を高めていく必要があります。

 

事業価値の地平面と事業戦略の地平線

 独自の技術、製品の進化を「新規事業開発型シナリオ」で考えるよりも「社会発展型シナリオ」で考えることのメリットは下記の2つです。

  1. 事業戦略の地平線
  2.  「新規事業開発型シナリオ」を考えるよりも事業価値を高めることができることです。実際、殆どの企業では、個々の独自技術、製品のロードマップを描いていると思われますが、その社会的意義を「技術切り拓く未来像」の視点から描くことはないと思います。これだけでも事業価値は高まりますが、さらに、「社会問題とその解決」のビジョンとして対象を明確化し、「組織・人の成長」のビジョンとして社会の中での人々の暮らし方、働き方、商習慣をどのように豊かにし、それが「経済の発展」にどのようにつながるかを描くことで企業価値は高まります。
     しかし、「社会発展型シナリオ」はそれだけではとどまりません。「社会の発展」のビジョンを描くことで、企業の社会的価値、すなわち、ブランド価値は飛躍的に高まります。企業の社会における存在価値が高まるのです。

  3. 事業価値の地平面
  4.  「新規事業開発型シナリオ」を考えるよりも「社会発展型シナリオ」を考えることで、他社にない独自の高みを描き目指してくことができるようになることです。実際、個々の独自技術、製品のロードマップを描くだけでなく「技術が切り拓く未来像」を描くことでその社会的意義を明確化する(「プロダクトの変革」として描きます)ことができますが、それ以上にその独自技術、製品を普及させ社会の中に浸透させていく「プラットフォームの変革」の仕組みになるように深掘りすることで他社にない独自の競争力を獲得することができます。
     しかし、それだけにはとどまらず「社会システムの変革」へと社会の発展を導き、「社会の変革」すなわち『持続可能な社会の発展』を実現していくものとして描くことで、これからの社会にとって長期的なアドバンテージを獲得することが可能になります。

社会変革構想モデルの思考手順

 それでは、当初時点の事業の視点から、具体的に『社会変革構想モデル』に沿って「社会発展型シナリオ」をどのように考えていけば良いのでしょうか。

  1. まずは、供給者視点で「技術が切り拓く未来像」を描いてみましょう。そして、社会視点から社会問題に視点を移して広く考えることを試してみましょう。これは「事業戦略の地平線」に沿って考えていく流れです。その結果として「組織・人の成長」「経済の発展」「社会の発展」へと思考を展開していくことになります。
  2. 次に、独自技術、製品の展開から、さらなる高みとして「プロダクトの変革」「プラットフォームの変革」「社会システムの変革」「社会の変革」の流れを考えていきます。これは「事業価値の地平面」を高めていく「未来社会の発展を思い描いた大局的見地から捉えた目的を考える」という流れです。
  3. 一方、供給者視点で「技術が切り拓く未来像」で描いた「プロダクトの変革」から、さらに人々の深層にあるニーズを掘り起こして「プラットフォームの変革」「社会システムの変革」「社会の変革」へと深掘りをしていきます。この『深掘り』とは「ものごとの本質、根源から社会発展の実現を考える」の思考の流れです。「技術が切り拓く未来像」に関する社会の根元的ニーズを深掘りしていくことになります。
  4. そして深掘りした「根元的ニーズ」を多様に様々な価値に思いを巡らせ、多様性と包摂性によって「組織・人の成長」へと結びつけていきます。そして、そこからさらに「経済の発展」「社会の発展」へとつながるように思考を展開していきます。ここで思考した結果は、「未来社会の発展を思い描いた大局的見地から捉えた目的」と重ね合わせて整合したものに仕上げていきます。
  5. 社会に視点を向けると、様々なステークホルダーの間で利害が異なり、全く異なるニーズや主張が出てくるものです。論理的に思考した内容の副反応(副作用)として否定的な意見も出てきます。人には正常性バイアスがあり、認知的不協和や社会的ジレンマによって思った通りには機能しない場合もあります。正しいと思ってきた思考に隠された論理を懐疑的視点で検証して、二律背反する論理等といったトレードオフ関係を、システム・ダイナミクスの手法や弁証法の止揚やバックキャスティングといった手法を用いて利害調整をして、これら問題を解決していきます。

なお、この「社会変革構想の考え方」は、当社が独自に開発した “Trigonal Thinking(TM)” に沿って展開しています。詳細はこちら Trigonal Thinking をご覧ください。
 

『社会変革構想モデル』『社会発展シナリオの深掘り』にご関心のある方は こちらより お気軽にお問い合わせ下さい。あるいは、info@clem.co.jp  サステナブル・イノベーションズ株式会社宛にご連絡下さい。