イノベーショナル・エコノミー

 イノベーションは新結合による変革であり、その普及と新たな変革が創造的破壊をともない不連続に発現することにより社会が発展し経済が成長していくという経済理論です。イノベーションがイノベーションを生み出す好循環の社会づくりを意図していかなければ持続した経済成長を実現していくことはできません。
 イノベーションが新たなイノベーションを巻き興して社会を発展させていくという好循環による経済成長が “イノベーショナル・エコノミー” です。
 

イノベーショナル・エコノミーの構図

 事業者が考えるイノベーションには、まず新たなプロダクトの創造があり、そのプロダクトが新たなプラットフォームを形成し、社会的風土を変化させ、世の中を新たな社会システムで動かしていくというイメージがあります。新たなプロダクトのアイデアは市場に自然選択され淘汰されていくものと考えられ、多数あるアイデアのうちのごく少数のアイデアだけが事業として成功というのが常識です。そして、如何に競争に打ち勝ち、如何に市場に浸透させていくかといった戦略が、データ分析などの論理思考によって描かれていきます。結局、未来社会がどうなるかは、様々な因果関係によって偶然的(または、必然的、蓋然的)に起こり得る結果でしかなく、目指していく未来社会について考えられることはありません。
 イノベーショナル・エコノミーは、未来社会にとっての価値の創造を目的とし、それがどんな社会システムなのか、それはどんな社会的風土が培われるから実現されるのか、また、そのためのプラットフォームとしてどんなものを構築すればよいのか、個々のプロダクトでは何を実現すればよいのかという “目的思考” に基づいて考えられていきます。
 とは言え、ある時点で目的として思考しうる未来社会の価値は大したものではないかも知れません。イノベーションが新たなイノベーションを生み出す好循環の過程においては、描きうる目的も次第にレベルアップしていくことになります。ここで注意すべき点は、目的として思考すべきことは、未来社会にとっての価値であり、個々のプロダクトやスペックではないということです。プロダクトやスペックは、価値を実現する手段を考える段階で思考すべきことです。未来社会にとっての価値は、抽象的である方が良く、抽象的な思考によって描かれた世界でなければならなりません。さもなくば、未来社会につなぐ価値の可能性を狭めてしまいます。
 

 

イノベーションへの道筋

 イノベーションは技術革新であるばかりではなく、社会発展という社会現象でもあります。当然のことながら、技術革新が実現する未来の社会像を無視して未来社会における価値を描くことはできません。しかし、イノベーションは、[イノベーション=技術革新が実現する未来の社会像+α]という関係式で考えるべきです。
 この “+α” は、経済成長の理論としての主目的である[経済成長]という側面、および、[社会発展][社会問題の解決][組織・人の成長]といった非経済的側面を加味しなければならないということを示したものです。
 そして、イノベーションの目的を実現していく[社会システム][社会的風土][プラットフォーム][プロダクト]のすべての思考過程において、この[技術革新が実現する未来の社会像][社会発展][経済成長][社会問題の解決][組織・人の成長]という側面が一貫して考え抜かれていかなければなりません。
 

 

逆転の発想

 技術革新が実現する未来社会における価値、社会発展、経済成長、社会問題の解決、組織・人の成長の間にはコンフリクトが生じることがあります。たとえば、社会問題の解決にはコストがかかりますが、それが経済成長の足枷になります。経済が成長すれば社会も発展するとは限りません。急激な過度の経済成長は社会の歪を生み出します。そもそも、経済的な豊かさ、すなわち、ものが豊かにある裕福さと心豊かさとは別格のものです。
 目的思考の前提となる目的自体も成長していくものであると言えます。現時点では正しいと思われることも、未来においてはあまりにも稚拙であると否定されることを想定しておくべきかも知れません。現時点で正しいと思える目的を否定し(アンチテーゼ)、その先にある目的(抽象化された未来社会における価値)を描くことは、さらに進歩した未来社会における価値の創造につながっていきます。イノベーションを意図して巻き興していくには、常に、その先に進歩していく目的(ジンテーゼ)を見つけ出していかなければなりません。
 目の前のこと、知識、自分の中で無意識にはめた枠を否定しながら抱え込み(アンチテーゼ)、未来社会の価値(ジンテーゼ)を創造していく弁証法的思考過程は、言わば “逆転の発想” でもあります。イノベーショナル・エコノミーは、逆転の発想によって実現されていくと考えるべきです。
 

当社のイノベーションへの取り組みにご興味のある方は こちらより お気軽にお問い合わせ下さい。あるいは、info@clem.co.jp  サステナブル・イノベーションズ株式会社宛にご連絡下さい。