#203 共生協創により創造される価値が求められる社会になる

 経済が成熟化し成熟化社会に向かっている。多様性を受容れて個性を重視する時代にもなった。身の回りには必要なものは殆ど手に入り、日常の暮らしには安価なものでも良いという節約志向が進む一方で、特別な日には「自分だけのちょっとだけ贅沢」という気風が定着してきている。こうした中で、顧客に一方的に商品を提供するという発想から、顧客と一緒に商品を協創するという発想が芽生えてきた。

 マスカスタマイズは、顧客の個人のニーズを満たすカスタマイズと同時に、マスプロダクションの仕組みを使って生産し大量販売を可能にしようというものである。一般的に、マスカスタマイズは、最終の組み立て段階で顧客が求める機能を組み込み、顧客の好みに合ったデザインに仕上げるという手法で実現されてきた。これは、オプションという発想であり、20世紀型大量生産、大量販売のシステムでも実現されてきた手法であるが、マスプロダクションの仕組みを使って生産する流れの中に、個々人のニーズを画一化したオプションとして追加できる様にしただけの工夫でしかない。これでは、本当の意味でのカスタマイズとは言えない。

 そこで、本当の意味でのマスカスタマイズを実現するためには、顧客との共生協創型のビジネスモデルを考えれば良い。顧客との共生協創型のビジネスモデルは、顧客のニーズを吸い上げながら同時に提供できる製品を作り上げていこうという仕組みであるが、事例を積み上げていくうちにマスカスタマイズのパターン化が進み、マスカスタマイズのノウハウも蓄積されていく。そして、パターン化の仕方とノウハウの蓄積が、習熟効果によるコストダウンにつながり、差別化された競争優位性にもなっていく。

 しかし、共生協創型のビジネスモデルでは、後工程の検証時に仕様変更が起きるリスクもある。やり直しのコストの負担と納期の遅延を事前に決めておく必要がある。そうしたリスクを避けるために、製品のスペックは固定化し、付加価値であるサービスをカスタマイズすれば良いという考え方も出てくる。また、共生協創の工程も含めたセールスパイプライン管理、調達リードタイムを削減できるシステムを構築していかなければならない。

サステナブル・イノベーションズ株式会社 代表取締役社長 池邊純一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)