イノベーションを巻き興す組織

 イノベーションは社会の発展という社会現象です。一方、イノベーションが普及していく過程においても社会は変化し、イノベーションと社会は互いに相関しながら変化していきます。すなわち、イノベーションを巻き興していくには、自らのイノベーションを巻き興していく活動とともに発展していく社会システムの変化に即応していかなければなりません。そこでは、組織がダイナミックなシステムとして適切に機能していくことが求められることになります。
 また、イノベーションを巻き興していくには、組織全体としてビジョンの実現のために何ができていなければならないかを、組織にいる一人ひとりが夫々の立場で自ら理解し、社会の変化に即応して相互の行動と調和をとりながら自律して行動していかなければなりません。そのためには、組織の中に、将来の社会をデザインする思考能力(ビジョンの構想力)、様々な要素が絡み合って変化していく状況をダイナミックなシステムとして捉えて行動していく思考能力が備わっていなければなりません。
 

組織のダイナミズム

 組織の持つダイナミズムとは何かと言えば、それは、社会の変化に即応して、その組織が描いているビジョンを一人ひとりが連携しながら相乗して実現させていく活力であると考えることができます。※広辞苑第六版では「ダイナミズム」を『活力。迫力。力強さ』と定義されています。
 旧来からの考え方によれば、組織のダイナミズムは、組織のリーダーが環境変化に応じて即座に意思決定し、組織全体として統率のとれた行動によってビジョンを達成していく姿として捉えられることになります。確かに、社会の有り様を一変させうる能力を持ったリーダーの存在も必要ですが、社会における価値観が多様化し目まぐるしく変化している社会にあっては、リーダーが全ての多様性をカバーすることは不可能であり、リーダーの独断で全てのものごとを動かしていくことには危うさを伴います。
 むしろ、組織の一人ひとりが目的を理解し、環境変化に即して、相互に連携を取りながら自律的に行動することで、組織全体としての目的を達成していく姿の方がリスクも少なく現実的であると言えます。
 

社会が変化していく中でのリーダーの役割

 この場合のリーダーの役割は、経営資源の適正な調達と配置、および、組織内で生じるコンフリクトの調整ということになります。
 社会の変化に応じて、組織内で共感され共有されたビジョンそのものについても、また、ある時点で実現させていかなければならないことの当面の目的や全体戦略についても見直していかなければならない事態は、日常的に起こり得ることです。こうした状況においてこそ、リーダーは、組織の一人ひとりが持つ多様な考え方を拾い上げて集約し、全体としての意思統一を図っていく役割を担っているのです。
 

サステナブルへのダイナミックな取り組み

サステナブル社会にゴールはありません。 常にその先への発展を目指して、広がり深化していくものです。 マクロに見た平面的な見方で捉えれば、それは、世のために役に立つ、世の中にとって嬉しいことであり、サステナブル・サイクル と称するプロセスで広がっていきます。 ミクロに見た垂直的な見方で捉えれば、一人ひとりに役に立つ、個にとって嬉しい、サステナブル・ライフスタイル&ワークスタイル の実現となって深化していきます。
 
サステナブルへの取り組みは、このようなダイナミックな取り組みであると言えます。 そして、20世紀型の経済と社会の発展モデルに固執するのではなく、社会の持続可能な発展へと発想を転換し、それを実現させる企業が持続可能な成長を遂げていくために、しなやかさ(アジリティ)や多様性を受け容れる寛容さ(クレメント)が、これまで以上に求められています。
 

 

当社は、事業会社NPOコンサルタントIT関連企業 の皆様とご一緒に サステナブルワールド の構築を目指して参ります(詳細は、皆様の持続可能な成長のために をご参照下さい)。