SONOSAKI PLANNING (TM) とは

SONOSAKI PLANNING (TM)は、イノベーションがイノベーションを生み出す好循環の社会づくりを目指して考案された、“あなたのビジネスで社会を変える”の発想でイノベーションを生み出していくためのプランニングサービスです。

 

イノベーションへの過程と道筋

 イノベーションを巻き興していくためには、まず、未来社会に向けたビジョンを描く必要があります。そして、ビジョンを描くためには、社会システムの進化、社会的風土の変容という視点から社会の未来像をストーリーとして描き出すことが必要となります。しかし、それだけでは十分ではありません。さらなるストーリーとして、ビジョンを具現化するプラットフォームとプロダクトについての未来への構想を描き出していかなければならないのです。
 この[社会システムの進化][社会的風土の変容][プラットフォームの進歩][プロダクトの深化]はイノベーションをデザインしていく過程でもああります。
 そして、このイノベーションをデザインしていく過程においては、[革新し目指していく未来像][社会問題とその解決][経済の発展][社会の発展][組織・人のダイナミックな行動による実現]を絡ませた重層的な取り組みとして、イノベーションへの道筋を描いていかなければなりません。
 そもそも、イノベーションを巻き興していくには多面的な思考が必要です。このイノベーションをデザインしていく過程と道筋を通すことにより、様々な論点について俯瞰し結びつけて考えることが必然的に必要となり、高く、広く、多角、深い視点からイノベーションを構想していくことになります。
 

 

SONOSAKI PLANNING (TM)のフレームワーク

 イノベーションを巻き興していくためには、社会の発展をデザインしてビジョンを描き出し、遠い将来に向けて破綻することのない深慮遠謀の緻密な戦略が必要となります。さらに、その戦略を具体化させていく息の長い不屈の努力とそれを成し得る人たちの存在が必要となります。ビジョンはそうした人たちを導いていく最も根源的な行動の動機となります。そして、ビジョンに心の奥底から共感し、戦略を理解して内発的に自律行動する一人ひとりが組織として連携し、ダイナミックなシステムとして機能していくことでイノベーションが興りビジョンが実現されていくことになります。
 

 

※イノベーションがイノベーションを生み出す好循環の社会

 社会の発展を意図しデザインされたイノベーションは、必然的に社会の発展によってさらなるイノベーションを巻き興すことになります。このイノベーションの連鎖は、それまでのイノベーションを結合させて、不連続に、かつ、創造的破壊をともなって巻き起こってくるものです。
 このイノベーションがイノベーションを生み出す好循環は、社会の発展を限りなく推し進め、経済成長の原動力となっていきます。このイノベーショナル・エコノミーの仕組みは、シェアリング・エコノミーが進展していくこれからの社会にあって、縮退していく経済を成長していく経済に転換させていくことになります。

※組織のダイナミズムがイノベーションの連鎖を巻き興す

 ここで、最も重要なことは、どんなに巧妙な戦略を打ち立てても、また、どんなに多様な価値観の人たち、多様な知識を持つ人たちが集まって成果を競い合っても、ビジョンの実現には至らないということです。社会が多岐にわたり発達してきている現代にあっては、多様な価値観の人たち、多様な知識を持つ人たちが、トップダウンで言われたことに従って行動するのではなく、ビジョンに共感してダイナミックにネットワークを築いて結びつき、相互に相乗効果を引き起こしながらビジョンの実現に向かって行動していかなければなりません。

 

SONOSAKI PLANNING (TM)のサービスコンセプトと提供する思考モデル

本サービスでは、これまであるビジネスプランを入力としてイノベーションプランを描いて参ります。本サービスの根幹は創造的思考モデルであり、当社が独自に開発した創造的思考を実現する下記ツール群により「イノベーションへのストーリー」を生成して参ります。

(1) 目的の深層分析ツール

経営者のビジョンや商品コンセプト等に込められた言葉からイノベーションへのストーリーを効率的に生成していく創造的思考モデルを実現するツールです。

  • 事業の目的を表現したキーワード(インタレストキーワード)と当社が洗い出したイノベーションの観点に内包されるキーワード(コロケーションワード)の結合親和性を評価し、インタレストキーワードをリデザインしていく過程を支援します。ここで、イノベーションの観点とは、イノベーションへの道筋(技術が切り拓く未来像、社会の発展、経済成長、社会的課題の解決、組織・人の成長)とイノベーションの過程(社会システムの進化、社会的風土の変容、プラットフォームの進歩、プロダクトの深化)を描くための道しるべとなるキーワードです。
  • インタレストキーワードは、事業を通して実現したいこと、すなわち、事業の真の目的であり、イノベーションへの観点に内包されるコロケーションワードと比較し結合親和性(一致数)として評価されます。
  • より強い結合親和性で“イノベーションを思考するネットワーク”(下記(2)参照)と結びつく様にインタレストキーワードをリデザインしていくことができます。このリデザインの過程は、事業の目的を深掘りしていく思考プロセスに相当します。

(2) イノベーションを思考するネットワーク

イノベーションを思考するネットワークは、イノベーションの各観点を相互に因果関係性とその影響の強さによって結びつけたネットワークです。

  • イノベーションの各観点は、相互に因果関係性とその影響の強さによって結びついた“イノベーションを思考するネットワーク”を形づくっています。
  • この“イノベーション思考ネットワーク”にあるイノベーションの観点を辿っていくことで
    この思考のネットワークを辿っていくことでイノベーションへの道筋と過程を描くことができます。
  • イノベーションの観点と結合親和性によって思考のネットワークにマッピングされたインタレストキーワードも自動的にイノベーションへの道筋と過程と紐づけられていきます。この一連のつながりこそがイノベーションへのストーリーとなります。

(3) イノベーションへのストーリ作成支援アプリ“Innovation Transforming”

当アプリは、より強い結合親和性で“イノベーションを思考するネットワーク”と結びつくインタレストキーワードをリデザインしていくツールです。

  • 当アプリは、当アプリは、より強い結合親和性で“イノベーションを思考するネットワーク”と結びつくインタレストキーワードを芋づる式に引き出していくブレインストーミングツールとしての役割を果たします。
  • ここで抽出したインタレストキーワードはビジネス新規事業のテーマにもなります。そして、この新規事業のテーマは、イノベーションの過程と道筋に沿って、戦略的に事業展開されていくことになります。
  • 当アプリは、当社が独自に開発した“Trigonal Thinking”(ものごとを、高い視点(未来社会の大局的将来像を描く) – 広い視点(抽象化し多様に適用できるようにする) – 多角的な視点(経済、社会、環境、一人ひとりの暮らし等の視点で捉える) – 深く追求する視点(根底にあることを深掘りし、道を究める)で考える思考方法)を実現しています。(Trigonal Thinkingの詳細についてはこちらをご参照下さい)。

 

SONOSAKI PLANNING (TM) にご興味のある方、ご質問のある方は、 こちらより お気軽にお問い合わせ下さい。あるいは、info@clem.co.jp  サステナブル・イノベーションズ株式会社宛にご連絡下さい。