#248 成果主義と結果主義

 成果主義とは、設定された目標をどれだけ達成できたかという成果で評価する人事制度です。しかし、テレワーク導入を契機に進められようとしている今の成果主義は、どちらかというと成果物主義というべきものです。これは、雇用制度としての本質ではありません。

 一方、結果主義は、将来に向けて、さらには、後世の人たちに向けて、どの様な結果を残せたかということが問われる制度だと言えます。そこには、目的の設定も含まれ、単に、目標を達成したかどうかだけではなく、目的に向けて一貫して、周囲の人たちと力を合わせて、どのように取り組んだかも問われます。ある意味、結果主義は成果主義よりも厳しい制度です。

 日本で従来から採用されてきた雇用制度はメンバーシップ型です。集団思考で取り組む日本的経営、職能資格制度という人事制度の下で能力が重んじられてきた日本型経営においては、結果主義の方が適応していると言えます。

サステナブル・イノベーションズ株式会社 代表取締役社長 池邊純一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)