#224 人、ロボット、人工知能の協創技術

 21世紀のこれからの社会において人々は、いつでも、どこでも、誰とでもつながり合って協働していくことが可能となる。それはテレワークといった音声や画像でのつながりばかりでなく、VR技術を駆使してあたかも傍にいて一緒に仕事をしているかの様になるのかも知れない。また、その先の未来にあるのは、ロボットや人工知能技術が進展した社会であり、傍にいるヒューマノイドロボットと話しながら一緒に仕事をしたり、知識を持った人格(仮想現実)と話しながら一緒に仕事をしたりするのかも知れない。
 
関連記事

  1. #144 社会、組織、個人、ロボットやAIが相互に作用しながら築いていくより良い社会となる
  2. #149 人工知能やロボットと共生するネオ多様性の社会になる
  3. #185 ロボット、AIと役割分担する生産活動となる
  4. #191 ロボティクス

サステナブル・イノベーションズ株式会社 代表取締役社長 池邊純一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)