#207 社会価値を創造する生き方となる

 日本においては、高齢化と少子化が進むことで人口減少社会となり、人手不足が社会問題となってきている。一方、世界においては、人口増大へと向かっている一方で、中国やインドなどの人口の多い国において人口オーナス社会化に向かっている。また、AIやロボット技術が進化しシンギュラリティ(技術的特異点)に到達すると、未来社会がこれまでとは異なる次元に突入していくとも言われている。

 世界的に経済格差が拡大するだけでなく成熟経済化していく。地方政府は地域の利益を確保するために独立意識が高まり、大国同士も自国の利益ばかりを主張するようになっていく。その一方で、全体に対する個人主義の枠組みを超えて、人権が重視され個人が自立して社会における存在目的を深め、自律して行動していく社会となっていく。

 人は時間や場所に拘束される仕事に追われる日々から解放されて、より時間的にゆとりのある生活を送くれるようになり、経済合理性の発想によらず、ウェルビーイング、クオリティオブライフの発想に根差した産業への転換を図っていく。看護ロボットや介護ロボットは看護や介護に携わる人たちの負荷軽減につながる。ペットロボットはペットを飼いえない人たちの心の安らぎとなる。家事ロボットは、家事に要する時間や労力を低減させて、自分のやりたいことの時間を生み出してくれる。対話ロボットは孤独を癒してくれるばかりでなく、独居者の異常を知らせてくれる。こうした取り組みにより、仕事や家事、介護や看護に追われることなく、自分らしい、こんな暮らしがしたいという暮らし方を実現していくことになる。

 時間や場所に拘束される仕事からの解放、時間的にゆとりのある生活、経済合理性の発想によらないウェルビーイング、クオリティオブライフの発想は、人々を、本当に、社会価値を創造する生き方へと導くだろうかという疑問が湧いてくる。人は、経済的豊かさや儲けを競うのではなく、自己実現を目指した生き方、心豊かな暮らし方ができ寛容な社会を築いていくための知恵を学習していく様になるが、問題はその学習の質であり、個人が意識をどこまで発達させていくことができるかである。人はエゴを捨て去ることに抵抗感を感じるが、他者への心遣い、お互い様の気持ちで献身的に行動するといった日本人の特性がごく自然の所作となるまでに身につけなければならない。

サステナブル・イノベーションズ株式会社 代表取締役社長 池邊純一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)