#205 匠による価値創造となる

 日本人は匠が好きである。そこには、高度経済成長を支えてきた日本独自の文化であるという自負がある。またその奥底に、日本人特有のモノや他者に対するきめ細かい心遣い、お互い様の気持ちで献身的に働ける精神、几帳面な性格がある。

 一方、欧米の合理主義が導入され、契約に基づき成果を出した者が能力を評価され報酬を得るという個人主義が日本中に広がっていった。人の輪で仕事をする日本人の強みである気質を台無しにし、成果を出しさえすれば良いというプレッシャーが、匠を育む文化を阻害してきた。そもそも、匠の技は、暗黙知であり、思考や知識ではなく自己を超越した感覚を研ぎ澄ませることにより会得し体得されるものである。そして、匠の技は、合理主義や成果主義で実現できるものではなく、心と体、心と環境を融合させた心的な修行からにじみ出てくる技である。

 欧米の合理主義は、工業化による近代化を実現してきた。しかし、モノの裕福さよりも心の豊かさを求める社会になっていけばいくほど、人は心の籠ったものに価値を感じるようになる。未来社会における価値は、ローエンドの破壊的イノベーションによってもたらされるモノによってのみでは満たされない。ハイエンドの漸進的イノベーションによっても同様である。未来社会の真の価値は、匠の技が築き上げていくことになる。

サステナブル・イノベーションズ株式会社 代表取締役社長 池邊純一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)