未来社会の価値を創造する経営

企業の目的

企業の目的 は、これまでの知見によれば利潤の追求であり顧客の創造であるとされていました。 しかし、社会的価値創造の競争の時代にあっては「社会の持続可能な発展」という視点が必要となり、これだけでは不十分です。  価値創造の構図 が示すように、顧客の創造という発想をさらに深掘りし、個々人の生き方(価値観や思い)に沿った日々の活動(暮らし方や働き方)を実現し、そうした生き方や活動の根底にある社会の風土や基盤となる社会システムの発展にも貢献していくという発想への転換が必要となります。 また、「企業の持続可能な成長」のためには、目先のことばかりでなく、未来社会に向けた価値の創造 につながるイノベーションに取り組み、常に社会的価値を創造しているという一目置かれた企業の存在価値 の追求が必要となります。
 

経営として目指すこと

経営として目指すこと について、多くの企業では成長を掲げています。また、経営理念として自社の事業を通して社会の発展に貢献していくことも掲げられています。一方、人口減少社会に向かって人手不足が深刻化する時代においては、優秀な人材を確保することも企業の死活問題であり、キャリア形成や自分の時間が持てるという自己実現の欲求を満たすことが求められています。 しかし、ネット社会となり、個々人も社会とつながり、社会の中で生きる一人としての意識が高まっています。個々人の自己実現は社会の中の一人としての役割を担うことへと変化してきており、未来社会の価値を創造する経営において目指すことは「未来社会の持続的な発展」であり、その結果として「企業の持続可能な成長」へと結びついていくことになります。個々人の意識は社会の中で熟成され、やがては、他者や自然環境と一体となり過去の知識や自己の経験知、さらには、自我を超えた社会全体を俯瞰したビジョンの実現という自己を超越した欲求の段階に成長していくものと考えられます。
 

戦略の原理

戦略の原理 として、これまでの知見が示してきたのは「市場原理」であり「競争原理」でした。それは、市場に認められた優れたものだけが生き残り、競争によってより劣ったものは淘汰されていくという合理性に基づく考え方です。しかし、暮らしの中にモノが溢れ経済が成熟化してくると、競争=低価格競争になり、優れたものだけが生き残るという合理性は有効に働かなくなってきたとも言えます。また、シェアリングエコノミーが広がり色々なものは社会の中で共有される時代へとも変わってきています。 個々人が成長し社会の中で色々な共有化が進んでいく未来社会においては “競争” ではなく “共生” という発想への転換が必要です。企業自身も「社会の中で共生」していく存在となり、「ビジネスエコシステム」(ビジネスを生態系とみなす)という考え方がこれからの戦略の原理となります。
 

未来を切り開いていくシナリオ

未来を切り開いていくシナリオ は、これまでの知見によれば、常に変革していくことがとであり、トップからミドルレベルにカスケードダウンされていくマネジメントによって実現されていきます。顧客を維持し、あるいは、新たな顧客を創造していくためにはイノベーションが必要になります。今の成長を維持していこうというマネジメントを考えると、どうしても、今の技術や商品の延長上にイノベーションを位置づけようということになります。すなわち、既存事業を基盤とした持続的な発展が中心になってしまいます。 一方、未来社会の価値を創造するという立場に立つと未来を切り開いていくシナリオは一変して「共感と協創」とないます。個々人の生き方(価値観や思い)に沿った日々の活動(暮らし方や働き方)を実現し、そうした生き方や活動の根底にある社会の風土や基盤となる社会システムの発展を見据え、また、社会の中での共生を考えるならば、変革の視点は社会に向けられることなり、セグメント化しターゲティングした市場の顧客(ニーズ)ではなく、多様な個々人の暮らしそのものに向けられることになります。それは、顧客ニーズを類型化しその画一化したニーズを満たしていくことではなく、個々人の時にとともに進化していくニーズを創造していくという活動になります。これは自ずと「新結合と創造的破壊による新市場の開拓(既存市場との分断)」に集約されていくことになります。
 

価値の内容

価値の内容 は、これまでの知見によれば、利潤の追求という目的からの帰結として、経済合理性であり、時間の短縮(処理時間の短縮、納期の短縮)という意味でのスピードということになります。顧客の創造という目的にとっては利便性ということになります。しかし、これからもどんどん成熟化していく社会にあって、人々が求めるのが、ものの豊かさのみならず精神面を含めた生活全体の豊かさに変化していきます。未来社会の価値を創造する経営においては、生活の質、すなわち、クオリティオブライフになります。
 

評価指標

評価指標 は、これまでは、生産性(プロダクティビティ)でした。また、経営環境の変化に企業が如何に素早く対応し成長していけるかという成長性(グロース(成長率))も重視されてきました。 一方、未来社会の価値を創造する経営においては、創造性(クリエイティビティ)が重視されます。また、短期的な流行での利益を追求するのではなく、未来社会の持続可能な発展を思考していくという意味では、事業によって実現される社会の持続可能性(サステナビリティ)であり、企業の持続可能な成長であるということができます。
 

未来社会の価値を創造する経営にご興味のある方は こちらより お気軽にお問い合わせ下さい。あるいは、info@clem.co.jp  サステナブル・イノベーションズ株式会社宛にご連絡下さい。