目的の深層分析図

「目的の深層分析」は、未来社会の発展に想いを巡らして描いたビジョンを実現するために、何ができていなければならないかを、具体的に掘り下げていく思考プロセスです。ビジョンを描くためには[目的思考とメタ思考][メタファーとデフォルメ][アウフヘーベン]といった思考手法を用います。
 

目的の深層分析図の書式例

 

一般に、より高い目的を効率的に掘り下げていく定型的な手法はありませんが、通常は、キーワードの関連分析(目的に関わる概念の列挙、ブレークダウンとサマリーアップ)、フィッシュボーン分析、マインドマップ等といった手法を利用するしています。しかし、これら手法では、書き方は示されていますが、思考モデルについては示されていません(個々人の思考のノウハウとなっています)。一方、当社では、創造的思考モデル によって実施される思考を表現するものとして上記の書式を採用しています。

 

SONOSAKI PLANNING (TM) サービスにご興味のある方は こちらより お気軽にお問い合わせ下さい。あるいは、info@clem.co.jp  サステナブル・イノベーションズ株式会社宛にご連絡下さい。