目的の深層分析図

「目的の深層分析」は、未来社会の発展に想いを巡らして描いたビジョンを実現するために、何ができていなければならないかを、その時の状況に応じて具体的な活動に掘り下げていく思考プロセスです。ビジョンを描くためには[目的思考とメタ思考][メタファーとデフォルメ][アウフヘーベン]といった思考手法を用いますが、「目的の深層分析」においても同様の思考手法を使用します。

この思考プロセスにおいて、より高い目的を効率的に掘り下げていく定型的な手法はありませんが、通常は、キーワードの関連分析(目的に関わる概念の列挙、ブレークダウンとサマリーアップ)、フィッシュボーン分析、マインドマップ等といった手法を利用することになります。
 
しかし、どの書式を使うとしても、目的を掘り下げていくには、下図に示す一定の思考過程を辿ることになります。
 

 
人の漠然としたアイディアそのものには、各個人の漠然とした思いが述べられただけに過ぎないものがあります。しかし、「この状況を改善してこうしたい(Before-After型)」「この問題の原因を解決してこうなるようにしたい(原因-結果型、Cause-Effect型)」には、何らかの価値観や意図が含まれます。目的の深層分析とは、そうしたアイディアの奥底に潜んでいる「本当にやりたいこと」を導き出していくことです。

 

目的の深層分析を如何に行うか?

当社では、目的を深堀して追求する ロジカルシンキング の手法をご用意しています。
 
ものごとを思考するには、全体として複雑に絡み合って難しく感じるものも、細分化し深掘りしていくことで、[それは、何のために]-[それを行う] という形で単純化(正規化)して考えることができます。サステナブル を思考するには、この目的の深堀を社会的な視点、暮らしの視点、経営の視点に着目して進めて参ります。

 

SONOSAKI PLANNING (TM) サービスにご興味のある方は こちらより お気軽にお問い合わせ下さい。あるいは、info@clem.co.jp  サステナブル・イノベーションズ株式会社宛にご連絡下さい。