サステナブル・ライフスタイル&ワークスタイル

生きている一人ひとりの想いや将来への夢を満していく

経済が成長し成熟期にある今日の社会にあって、家の中には、大抵の欲しいモノがゆきわたっています。 そして、今、私達は暮らしに質の高さを求めるようになってきました。 しかし、裕福に暮らす人達がいるその一方で、経済格差が顕著となり日々生きていくのに苦しんでいる人達も多くいます。 どんなに働いても一向に暮らしが楽にならないし、未来への夢も持てない、老後の生活も不安だと実感している人も多いのではないでしょうか。
 
私達は、一人では生きていけません。 多くの人に支えられ、また、他の人の力になりながら生きています。 豊かな人間関係が、心豊かな暮らしを支えているとも言えるでしょう。 高度経済成長期のように、自分の日々の暮らしを犠牲にしてがむしゃらに働くのではなく、自分らしい生き方を見つけて、自分らしい生き方を築き上げていく、そんな生き方を多くの人達は望んでいるのではないでしょうか。
 
自分のアイデンティティを大切にし、周りの人達のアイデンティティを尊重し、価値観の合う人達との関係性を深めていくことも大切でしょう。 そして、そうした生き方や関係性は、コチコチに固定されたものではなく、社会の変化や周りの人達との関係性に影響され、影響し合いながら、心をときめかせ、過去から今、今から将来へと深化しながら広がり、浸透し、発展していくものだと思います。 
 

 
サステナブル は、過去の、そして今の、固定的なものやことに固執し、将来においても維持し継続させていくという意味ではありません。 むしろ、そこには、しなやかに変化しながら将来に向けて発展し成長していこうといった意味合いが強く含まれています。 そしてそれは、大衆全体の平均的な姿に固定的に築かれた観念上のことではなく、生きている一人ひとりのライフスタイル、ワークスタイルへの想いや将来への夢が満たされていかなければなりません。 それこそが サステナブル が深化し、普及し浸透していくプロセスであり、“サステナブル・ライフスタイル&ワークスタイル” が示す意味なのです。