社会の持続可能な発展のために

 今、社会はグローバル規模で急速に変化しています。技術革新の波は、無意識のうちに人の思考方法や所作にも影響を及ぼしてきています。1年前のことはさほど変わっていないと思っても、2年前のことは陳腐化しているということにも遭遇します。
 しかし、こうした状況にあって念頭においておかなければならないことは、以下の対極的な3つの概念についてです。

これら3つの概念は、夫々、経済成長の理論、社会の持続可能な発展の理論、企業経営における組織論に関わるものですが、未来社会に向けて築いていくべき価値は、この何れについても追求していかなければならないものであり、一方だけが実現されればよいというものではありません。

 当社では、イノベーションがイノベーションを生み出す好循環の社会づくりを目指しています。イノベーションがイノベーションを生み出す好循環は、社会全体にとっても経済成長の原動力になるだけでなく、企業にとっても持続可能な成長をもたらし、ただ単に事業を起こし成功することによる当面の利益以上に永続的に莫大な企業価値を生み出す源泉となっていくものと考えていからです。
 そこで当社では、イノベーションに関しては、イノベーションがイノベーションを生み出す好循環による経済成長の概念として Innovational Economy、社会の持続可能な発展と経済成長、企業の持続可能な成長を生み出していくサステナブル・イノベーションという新たな概念を打ち出しています。 

その先にある社会の変化を見透して、持続可能な社会の発展に向けた施策を考える

 技術革新や社会の発展に伴いニーズもどんどん進化していきます。 私達は、そうした変化を見透して、社会の持続可能な発展を見据えた戦略を考え、深化させていかなければなりません。

 今、企業に利潤の追求は当然のこととして、事業をとおして社会問題を解決し、社会発展に貢献していくことが求められています。そして、多くの企業が積極的にこうした取り組みを始めています。これからは、まさに「社会価値創造の競争」の時代となっていくものと予測されます。こうした社会にあっては、事業会社 のみならず、NPO はもちろんのこと、企業経営に関するあらゆる コンサルタントIT関連企業 も、イノベーション、サステナブル、組織のダイナミズムの構築(社会の環境変化を予見しダイナミックに行動する組織)に取り組んでいかなければならないと考えられます。

サステナブル には終着点はなく、一過性の目標を掲げて達成すれば良いというものでもありません。常に、その時点における問題を解決し、かつ、更なる社会の発展を見透して、継続して努力を積み重ねていかなければならないのです。 そしてそうした地道な活動れこそが、企業の持続可能な成長につながっていく原動力となります。

サステナブル を追求する事業においては、利便性と高い品質、より高い効率と一層のコスト削減を追求するこれまでの経済合理性に基づく事業とは異なり、「社会の持続可能な発展」を目指した イノベーション が社会の発展という至高の価値を生み出し、その価値を生み出す生産活動こそが「企業の持続可能な成長」の原動力となり、社会の発展によって得たキャッシュフローが更なる イノベーション への投資として循環していくことになります。

サステナブル を追求する事業を創造するために何をなすべきかについては、当社コンサルティングサービス “SONOSAKI PLANNING” のサービスマテリアルズ をご参照下さい。