#113 組織ダイナミズムは集団的知性ではなく、多様性と一体性によるシナジーであるべき

 色々な人の考え方や価値観の多様性に視点を当てていくことの結果として、それがあたかも集団的知性として振る舞うことで組織のダイナミズムの効果が最大になるかというとそうではない。そこには、むしろ、多様(ダイバーシティ)な価値観やスキルを持つ専門家集団であっても、理念やビジョンの下で一体(インクルージョン)になっていくことが必要である。
 すなわち、「組織のダイナミズム」は、集団的知性として機能するように仕組んでいくのではなく、多様性(ダイバーシティ)と一体性(インクルージョン)が調和して機能することで生み出されるシナジーを最大化するように仕組んでいくべきものである。

サステナブル・イノベーションズ株式会社 代表取締役社長 池邊純一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)